認知症

認知症

認知症の帰宅願望(夕暮れ症候群)への対応方法

認知症利用者が帰宅願望によって落ち着かなくなり、自宅に帰ろうと徘徊されることがあります。感情的になり、時には暴力や暴言が見られることもあります。この記事では、穏やかに生活できる支援の方法について書いています。否定しない、理解する、が重要です。
認知症

認知症による妄想の種類と対処方法【否定は厳禁です】

妄想の内容や原因、その対策について書いています。認知症利用者にはしばしば妄想の症状が現れます。それも、被害的に感じるものが多い特徴があります。介護職としては対応に苦慮するところですが、適切に対応することで症状を軽減することができます。
認知症

【施設】認知症による徘徊への対策【理由にアプローチしましょう】

認知症の周辺症状のひとつに徘徊があります。傍らから見ているとただ歩き回っているように見えますが、認知症の徘徊には必ず理由があります。その理由にアプローチし、解決することによって、徘徊をなくすことができます。正しい対応は介護職の負担軽減になります。
認知症

認知症の周辺症状とは?【対応次第で症状を抑えることが可能です】

介護職をもっとも悩ませるのが認知症の周辺症状です。しかし正しい知識と技術をもってすれば、周辺症状は抑えられるのです。そして、周辺症状が抑えられれば、介護職員の負担は劇的に軽減します。今までのもぐらたたき介護からおさらばして、穏やかな生活を提供しましょう。
認知症

認知症の中核症状とは【介護をする上で理解が必須条件です】

介護の世界で働く人にとって、避けられないのが認知症高齢者との関わりです。認知症対応で悩むのは周辺症状に対してですが、その元となる中核症状を理解することによって、周辺症状を抑えられる可能性が出てきます。今回は中核症状をまとめます。
認知症

【認知症】介護のストレスを軽減する方法

認知症の方への対応は技術や知識が必要です。真正面から対応すると、対応の難しさにストレスを感じてしまうことになります。介護職から利用者への虐待要因の1位は、知識、技術の不足から来ています。正しく理解しストレスを軽減しましょう。利用者や自分を守るために。
タイトルとURLをコピーしました