介護事故

介護事故を限りなく0にするための方法を書いています。

介護事故

介護事故報告書の書き方【例文あり】

介護事故報告書の書き方を知りたい。介護の仕事をしていて、介護事故報告書を書いているけれど、きちんと書くことができない。書き方の例文があれば嬉しいな。 こんな悩みを解決します この記事の内容 ...
介護事故

介護現場の事故対応でおさえておくべきポイントとは

介護現場で事故が起こった場合、初期対応が非常に重要です。利用者対応、家族対応、行政対応のポイントをわかりやすくまとめました。これを確実に行うことで、事故が起こった後の二次災害を防ぐことができます。逆に、施設の信頼がアップすることもあります。
介護事故

介護の事故を隠蔽する理由と隠蔽しないための考え方と環境づくり

介護の事故において、隠蔽が一番の問題です。隠蔽すると信頼を失うし、それが原因で訴訟に至るケースも出てきます。ただ、「介護職が嘘をつく気持ちもわからなくはないな」と思うような体制の施設もあります。介護事故の隠蔽をなくす施設づくりについて書いています。
介護事故

介護事故を防止するために必要な4つの重要事項【事故0に向けて】

この記事をご覧いただくことで、介護事故対策が網羅できるはずです。事故対策の研修でも使える内容になっています。事故報告書、ヒヤリハット報告書、危険予知トレーニングの資料などが手に入ります。介護事故は利用者も、職員も傷つきます。0に近づけていきましょう。
介護事故

介護現場における危険予知トレーニング【事例・イラストあり】

危険予知トレーニングのイラストをさがしている人必見です。画像リンクあり。介護事故を防止するためには、リスクを予見することが大切です。そのためには気づきの力をつける必要があります。危険予知トレーニングは、気づきの力をつけるのに最適なトレーニングです。
介護事故

介護のヒヤリハットとは?目的や定義をわかりやすく解説します

介護事故を未然に防ぐために重要なヒヤリハット報告書。その定義、目的、分析方法などについて書いています。なかなかヒヤリハットが活用できていないな、と思う事業所の方は、ぜひご覧ください。適切に活用すれば、事故を大幅に減らすことができるはずです。
介護事故

ハインリッヒの法則をわかりやすく解説【介護現場で活用する】

介護事故を防止するためには、ヒヤリハットの分析方法がカギとなってきます。そのヒヤリハットを報告書として書く根拠となるのがハインリッヒの法則です。ハインリッヒを正しく理解することで、ヒヤリハットの活用をチームで行うことができます。
介護事故

介護の事故報告書の目的4つとわかりやすい書き方のポイント3点

介護の事故報告書の目的や、書き方について悩んでいる方、必見です。この記事では事故報告書の4つの目的と、わかりやすく書くための3つのポイントをお届けします。質の高い事故報告書は、質の高いケアにつながります。そして事故の減少につながるのです。
介護事故

介護事故の原因となる3つのリスク要因【最重要です】

介護事故を減らしていくためには、その原因を明らかにすることが必要不可欠です。原因が究明できていなければ、対策を立てることはできません。この記事では、介護事故につながる3つのリスク原因について書いています。原因を突き止め事故対策をしましょう。
介護事故

介護事故の種類や定義をわかりやすくまとめてみた

介護の事故を予防するために、まずは事故の定義、そしてどのような事故があるのかを把握しておかなければなりませんよね。そのうえで事故の原因を考え、防止していく必要があります。この記事では、事故の種類を多い順からランキング形式でまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました