介護職は無資格・未経験で転職するのがお得【資格は就職後でOK】

新人介護職関連

無資格、未経験の介護職への転職希望者「介護の仕事に転職しようと思ってるんだけど、始めるためには初任者研修の資格がいるよね?お金も時間もかかるから、なかなか踏み出せないでいる。資格がなくても介護の仕事を始められないのかな?」

こんな悩みを解決します

この記事の内容

介護職は無資格、未経験で始めるのが正解、という記事です。

介護の仕事を始めるために、初任者研修の資格を修了する人が多いですよね。

しかし、結論から言うと、介護の仕事を始める時に、初任者研修を修了している必要はありません。

つまり、介護の仕事を始めるのに「資格は必要ない」ということです。

その理由を書いていきます。

スポンサードサーチ

介護職は無資格、未経験ではじめよう

介護の仕事を始めるために、初任者研修も含め、なにも資格はいりません。

だから、介護の仕事をしたい人は、今すぐ始めた方がいいですよ。

その理由をまとめると次のようになります。

 

  • 介護の仕事をするのに初任者研修の資格は必須ではない件
  • 初任者研修は介護職として働きながら取れますよ
  • 初任者研修の講座を開いている職場を選べば、無料で資格が取得できる!

掘り下げていきます。

介護の仕事をするのに初任者研修の資格は必須ではない件

介護職の登竜門として「介護職員初任者研修」があります。

介護の仕事をするなら絶対必要と思ってる人も多いかもしれません。

実はそれはまちがいです。

介護の仕事は資格がなくてもできます。

求人チラシで介護の事業所欄を見てください。

「無資格、未経験歓迎!」の文字が躍っているはずです。

だから、介護の仕事に本気で転職を考えているのであれば、すぐに就職活動すればOKです。

就職活動するにあたって、自分で選ぶ自信がない人もいると思います。

はじめての業界ならなおさら相談できるところがあった方がいいでしょう。

下のリンクのサイトは、無資格、未経験でも就職のサポートをしてくれ、就職が決まれば無料で初任者研修の受講ができるサービスを提供しています。

無駄なく自分の希望に合った職場さがしのために、活用してみるのもいいと思います。



初任者研修は介護職として働きながら取れますよ

とはいえ、まったく資格がないのは不安だし、介護福祉士などキャリアアップのために取得しておいた方が良いのでは?と思いますよね。

それはその通りで、この記事でも資格を取らなくてよい、と言いたいわけではありません。

結論としては、介護の資格(初任者研修や実務者研修)は、介護職として働きながら取得すれば大丈夫ということです。

「働きながらだと職場に迷惑がかかるんじゃないか」と心配する人もいるかもしれませんが、事業所にとっては、資格を取ってくれた方が収益が増えるようになっているので、ありがたいのです。

また、事業所が「無資格、未経験」を可としているのも、採用後に資格を取得することを前提としているからです。

だから、仕事と資格取得を両立できるよう、まちがいなく支援してくれます。

そこで疑問になるのが、資格の講座を開いている教室は、働きながらでも受講できるのか?ということですよね。

こちらについても大丈夫です。

教室ではたいてい「平日コース」と「土日コース」がもうけられています。

中には一般的に仕事が終わるであろう時間に開講しているところもあります。

働きながら取得する人を前提としているのです。

ですから、事業所の状況に合わせて、コースを選ぶといいですね。

たいていの事業所では、土日はパートさんが家庭の事情で出勤できないところが多いので、「土日コース」を選ぶケースが多くなると思います。

初任者研修を取得するには、週2回のスクーリングで約3ヶ月ですね。

その間、プライベートを犠牲にすることになりますが、収入を得つつたった3ヶ月で取れるので、気合で乗り切ってください。

初任者研修の教室には、自分と似たような立場の人も少なくないはずです。

職場での悩みを共有し、支え合い、励まし合いながら受講できるといいですね。

初任者研修の講座を開いている職場を選べば、無料で資格が取得できる!

初任者研修は、無料で取得できる可能性が高い資格です。

というのも、資格取得の講座を自分のところで行っている事業所では、自分のところで働く職員に対して、無料で受講できる制度を設けているからです。

なぜなら、介護職をになろうという人が減っているからです。

どこの事業所でも、人集めには苦労している状態です。

ですから、「事業所で一定期間働く」ことを条件に、無料で受講できるようにしているのです。

働く側としては、仕事で収入が得られ、資格取得も無料でできるわけですから、非常においしい話しですよね。

でも、中には一定期間とはいえ、事業所で働くのを義務付けられることに抵抗がある人もいるかもしれません。

その場合は、先ほどの紹介会社を使うのが有効ですね。

ここで取得すれば、事業所に一定期間縛られなくて済みます。

求職の負担を減らすためにもお勧めします。



では、無資格で働くデメリットはないのでしょうか?

それについては、後日記事をアップしたいと思います。

まとめ

介護の仕事を始めるのに、資格は必要ないこと、そして、就職後に取った方がお得であることを書きました。

介護の仕事に転職したい人は、資格の心配をせずに、すぐに就職活動を始めてください。

先に資格を取得することは、損することが多いです。

ちなみに、私の時代はヘルパー2級以上の資格がないと、採用してくれない事業所がほとんどでした。

だから、受講料7万円を工面して、3ヶ月間通いました。

その間は、飲食店でのアルバイト生活でしたね。

今の時代は、これから介護を始める人にとっては、とても恵まれていると思います。

ぜひ、介護職として活躍してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました