介護の定義や介護と介助の違いとは?

介護の知識・技術

介護の定義を知りたい人「介護の定義を知りたい。介護の定義ってなに?介護ってお世話や日常生活の支援ってイメージがあるけれど、正しい定義ってどうなってるんだろう。また、介護と介助に違いってあるの?同じ意味に思えるんだけど、違いがあるなら知りたいな」

こんな疑問を解決します。

この記事の内容
介護の定義と、介護と介助の違いについて書いています

こんにちは、せいじです。

介護の仕事を20年以上しており、現在は介護の研修の講師やコンサルタントの仕事をしています。

さて、介護の定義をご存じでしょうか?実はよくわからないまま「介護」をしていませんか?

私自身も介護とはなにをすることなのか、介護に携わるようになってからしばらくはよくわかっていませんでした。介護職をしているにも関わらずです。

また、介護の定義がわかっていないということは、当然介護と介助の違いについても、よくわからない、という状態になります。

プロの介護職として仕事をする場合、根本である「介護とは?」であったり、仕事をする上で当たり前に使っている「介助」の意味、そして介護と介助の違いを理解しておくことは、必須事項です。

ですから、しっかりとおさえておいたほうがいいですね。

介護をかんたんに定義づけると、介護とは、自立支援をすること、そして自立支援とは、日常生活を自分でできるように支援するだけでなく、その人が求める生活(未来)を実現する支援、ということになります。

そして、介助とは、介護の目的を実現するための直接的な支援を指します。

というわけで、今回は介護の定義と介護、介助の違いについて解説します。

スポンサーリンク

介護の定義や介護と介助の違いとは?

では、介護の定義や介護と介助の違いについて見ていきましょう。

まずは、介護、介助両方の定義を明らかにし、それから違いについておさえていきたいと思います。

介護の定義

介護とは、日常生活において、利用者にできることは自分でしていただき、できないところを介護者が支援、その中で利用者に少しでも自分でできることを増やしていただけるようにすることです。

つまり、介護をひと言で表現すると「自立支援」になります。

日常生活を自分でできるようになっていただくようにすることが、介護の目的なんですね。

とはいえ、利用者の中には、病気や怪我、老化による身体的な衰え、身体を動かさないことによって起こる廃用症候群などによって、どう頑張っても身体を動かすことができず、日常生活でなにひとつ自分でできることがない、という方もいます。

いわゆる「寝たきり」の方です。

寝たきりの方に、日常生活少しでも自分でできるように支援しようといっても、ほとんど不可能ですよね?

しかし、介護の定義が自立支援である以上、プロの介護職は自立支援をしなければなりません。

寝たきりの方に対する介護とは?

ここで自立支援をもう少し掘り下げると、自立支援には「自律」の意味も含まれます。

自律とは、かんたんにまとめると「自分で決める」という意味になります。利用者が自分で決められるように支援するということです。

では、なにを自分で決めてもらえるように支援するのでしょうか?

自立支援は、狭義の意味では「日常生活を自分でできるようになってもらう」ということになりますが、広い意味で、そして本来の意味で言うと「その人が求める生活(未来)を実現する支援」ということになります。

つまり、「自分が求める生活」を自分で決められるように支援することが、自立(律)支援になるわけです。

介護が必要になった利用者は、自分の価値を見失ってしまいます。なぜなら、元気なときに担っていた社会的役割、また家族の中での役割を担えなくなるどころか、家族の重荷になる存在となるからです。

今後一生、誰かの手を借りないと生きていくことができない、そう考えると、生活に対する意欲を失ってしまいます。

「自分には生きている価値がない、早く死にたい」そんな絶望した気持ちになっている利用者は、この先どう生きたいか、なんて考えることができません

介護職は、利用者とのかかわりの中で、利用者に「あなたは価値がある、あなたには自分らしく生きる権利がある、そして、介護職はあなたが自分らしく生きられるように支援していきますよ」と伝えていくのです。

自分の価値を認めてくれる人がいるなら、そんな人がこれからも支えてくれるんだったら、もう一度自分らしく生きてみようかな

かかわりの中で利用者の生活に対する意欲を引き出し、利用者が自分でこの先どんな生活がしたいかを決められるように支えていくんですね。

認知症の方に対する介護とは?

では、自分で「こんな生活がしたい」と言えないような認知症の方はどうでしょう。

認知症の方にも、介護はその人が求める生活を知って、それを実現する支援をしなければなりません。

なぜなら、介護の目的が自立支援だからです。

つまり、認知症の方であっても、介護職は利用者の「したい生活」を知って、それを実現する支援をするのです。

「したい生活」を知るには、利用者の生活史を知り、その人の価値観や生活習慣などを把握することが必要です。

過去、現在、未来は繋がっています。ですから、その人の生活史、つまり過去を知れば、この先の求める生活が見えてくる、ということになるわけです。

介助の定義

一方、介助を定義づけるとすると、どういったものになるでしょうか。

介助とは、自立支援をするための直接的な支援のひとつを指します。

日常生活において、利用者の「できること」「できないこと」を明確にし、「できること」はとことん自分でしていただき、「できないこと」を支援して、自立に向けて進んでいく際の直接的な支援を「介助」というわけです。

たとえば、自分で食事を口に運べても、食器を移動することができない人には、食器の移動の支援をします。自分で最後まで着替えができない人には、着替えの支援をしますよね。その支援が介助に当たるわけです。

介護と介助の違いとは

介護と介助の違いを整理すると、介護とは自立支援を目的とする利用者への関わり、そして、介助とは介護という目的を達成するための直接的な支援行為、になります。

つまり、介護があって介助があるわけですね。ここがとても重要になります。

というのも、介護という目的がおざなりになってしまって、介助だけが一人歩きしてしまうと、それは介護ではなく、ただの「お世話」をしていることになるからです。

お世話は誰にでもできることです。

介護職は介護のプロですから、誰でもできるようなお世話をしていては困ります。

プロとして、介護、つまり利用者の自立支援を目的として、日常生活の介助をしなければならない、ということです。

介護のプロにとって、介護と介助の違いが非常に重要であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

介護の定義や介護と介助の違いとは?:まとめ

介護の定義や介護と介助の違いについて書きました。

この記事をまとめます。

介護の定義と介護、介助の違い

  • 介護は自立支援をすること
  • 自立支援とは、その人が求める生活を実現する支援
  • 自立を実現するための日々の支援が介助

ということで、今回はこのへんで終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました